追加メーターpivot DXW 86/BRZ用【水温計・油温計・吸気温計】

吸気温
スポンサーリンク

僕の愛車であるTOYOTA86につけている、pivot DXW 86/BRZ用の紹介をします。

この製品の特徴としては以下の通りです。

  • アナログ水温計
  • デジタル表示で油温、吸気温を切り替えできる
  • 接続はOBD2で配線が楽

86の純正メーターでは大雑把にしか水温、油温がわからないので詳細な温度を知ることができて便利です。

追加メーターが付いていることでかっこよくなります。

配線も簡単なのでオススメです。

※現在は廃番品。中古を探すか、現行品は吸気温が電圧計になっています。

(2019.9.5付け方を追加記載)

pivot DXWの概要

アナログで水温

デジタルで油温、吸気温

接続はOBD2で簡単

付け方

  1. 設置位置を決める(ダッシュボード上、エアコン吹き出し口など)
  2. 配線をする
  3. OBD2にカプラーを刺す
  4. 配線を隠して完成

必要な道具

  • 内装剥がし
  • プラスドライバー(柄が短い方が便利です)
  • シリコンオフ
  • 配線クリップ

設置位置を決める

今回はダッシュボード上に設置しました。

配線をする

配線をする際は配線が隠れるようなルートをまず考えます。

今回は以下の写真のようなルートで配線しました。

配線のルートが決まったら、内装剥がしとプラスドライバーを使用して内装を剥がします。

内装を剥がすことで配線を隠す作業がしやすいです。

配線ができたら内装を戻して、OBDⅡカプラーにさして完成です。

説明書

付け方の詳細は公式サイトを参考にして下さい

DUAL GAUGE (DXB/DXT) | メーター | PIVOT
一歩先のデュアル表示システム。 DUAL GAUGE の紹介ページです。

つけてみて

良かった点

水温・油温の上がり具合がわかるため、エンジンへの負担が減らせる

追加メーターが付いていることでかっこいい

よくない点

水温油温が高くなっても警告音が出ない

走っているときは意外とメーターを見る余裕がない時がある

この商品が廃番品。中古を買うか、他社の追加メーターでしか吸気温は知ることができない。

pivotの現行品吸気温ではなく電圧になっている。

86の水温・油温・吸気温

僕の86の乗り方としては主に街乗り・高速道路・ワインディングです。サーキット走行はしていません。

その点を考慮して参考にしていただけると幸いです。

単位(度)夏場冬場
水温90〜10080〜90
油温100〜11090〜100
吸気温40〜6020〜30

水温は比較的安定しています。

油温はエンジン回転数を高めに使うと上がりやすいです。街乗り領域ではほとんど110度以上になることはありません。

吸気温は走行中はだいたい外気温+5度。渋滞にはまると外気温+10度以上になります。

まとめ

僕の愛車であるTOYOTA86につけている、pivot DXW 86/BRZ用の紹介をします。

この製品の特徴としては以下の通りです。

  • アナログ水温計
  • デジタル表示で油温、吸気温を切り替えできる
  • 接続はOBD2で配線が楽

86の純正メーターでは大雑把にしか水温、油温がわからないので詳細な温度を知ることができて便利です。

追加メーターが付いていることでかっこよくなります。

配線も簡単なのでオススメです。

※現在は廃番品。中古を探すか、現行品は吸気温が電圧計になっています。

コメント

  1. […] 追加メーターpivot DXW 86/BRZ用【水温計・油温計・吸気温計】僕の愛車である… […]

  2. […] 追加メーターpivot DXW 86/BRZ用【水温計・油温計・吸気温計】僕の愛車である… […]

タイトルとURLをコピーしました