カナダモデル

カナダモデル

作業に基づいた実践:不可欠な要素【作業療法・OBP】

作業に基づいた実践(Occupation-Based Practice)を行うために必要な要素が「続・作業の視点 第8章」に書かれています。重要だと思う要素を抜き出しまとめました。 作業に基づいた実践に必要な要素は5つです 「作業的挑戦...
カナダモデル

人間作業の性質・意味の変化【作業科学・作業療法】

作業は誰が、何を、いつ、どこで、どのように、なぜ行うかによって意味が変わってきます。このような視点はエレン・ポラタイコ(Helen Polataiko)が提案しています。 同じ作業名でもクライエントと作業療法士が考える作業の意味は異なる可...
カナダモデル

COPMの実施方法【作業療法・面接】

COPMの実践方法について解説します。 この評価の目的は クライエントとの作業療法目標・問題点共有ができる評価 実施手順は「重要な作業の探索→優先順位の決定→これから取り組む作業の遂行度・満足度の評価→遂行度・満足度の再評価」です。 再評価...
カナダモデル

作業遂行と結びつきのカナダモデル【作業療法・理論・CMOP-E】

COPMでは作業をセルフケア・レジャー・生産活動に分ける必要があります。そのために理解が必要なカナダモデルについて解説をします。 作業遂行と結びつきのカナダモデル(CMOP-E:Canadian Model of Occupational ...
カナダモデル

作業を可能化する10の技能【カナダモデル・作業療法】

カナダモデルでは作業を可能化する10の技能が提案されています。 この技能はクライエントの作業を可能化するために必要な技能になるため、臨床で意識して行えると良いです。 ポイントとしては クライエントと訓練時間で関わってい...
タイトルとURLをコピーしました