ジムニーとムーブキャンバスを手放してCX-5に決まるまで【車選び】

スポンサーリンク

子育てをしていくことや転職をするにあたって車の使用の仕方が変わりました。

このため、ジムニーとムーブキャンバス2台所有していると車を持て余してしまう状況になってしまいました。

今回、車を選ぶにあたっての条件は夫婦で話し合って以下の通りになりました。

  • 2台(ジムニーとムーブキャンバス)を売却して買える。ローンはしない。
  • 子育てに使いやすい
  • 長い期間乗れる
  • 維持がしやすい
  • ミニバンはなし
  • できたら子供が生まれるまでに納車されるといい

車を売却して買えることは最低条件として予算設定をしました。

このため余分にお金を出しても300万円前後を予算としました。

子育てで使えいやすそうな車とは僕たち夫婦の中では以下の通りです。

  • チャイルドシートがISOFIXで装着できる
  • ベビーカーなど子育てに必要なものが載せられるラゲッジスペースがある。
  • 子供が二人になっても車を買い替えなくても済む広さ

子育てをする車といえば「ミニバン」ですが、現行のミニバンのデザイン面が夫婦共にあまり好きになれないため今回は検討から外しました。

長い期間乗れるのと維持がしやすいのは国産メーカーであれば特に問題はないかなと思いました。

※今回の記事の内容は2022年5月にディーラーに伺っているので納車までの期間は社会情勢によって変化すると思われるので参考程度にしてください。詳しくはディーラーさんに聞くようにしてください。

トヨタ

カローラツーリングが使いやすそうと思い伺いました。

営業さんの話ではカローラツーリングは「コロナの影響や年次改良で希望したカローラツーリングは納車日がまったく予想できない。」ということでした。

また、写真を撮り忘れていますが、僕の運転ポジション(身長177cm)だと後席に全くゆとりがない状態に…これだと後部座席にチャイルドシートをつけるのは大変だし、子供が大きくなったときに窮屈になりそうでした。

カローラクロスのガソリンモデルをおすすめされて1回目の商談では12月納車できるかもと言われていましたが、2回目の商談では2023年2月以降になりそうと言われました。

これでは子供が生まれるまでに間に合わないません、営業さんはノアヴォクシーの展示車があると言われましたがやたらと残価ローンを進めてくるので、気が合わないなと感じました。

結局、2回目の商談時に試乗する約束でしたが試乗すらさせてもらえず、無理な要求もしてないので営業さんも販売できる車がないようでモチベーションが下がっているようです。

見積りはカローラクロスでグレードはGで320万円程度でした。

このため、トヨタの車は断念しました。

トヨタ カローラ ツーリング | トヨタ自動車WEBサイト
トヨタ カローラ ツーリング の公式サイト。スペース・収納、機能・装備、安全性能、コネクティッドサービス、走行性能などの紹介をはじめ、見積りシミュレーション、試乗予約などができます。
トヨタ カローラ クロス | トヨタ自動車WEBサイト
トヨタ カローラ クロス の公式サイト。スペース・収納、機能・装備、走行性能・燃費、コネクティッドサービス、安全性能、などの紹介をはじめ、見積りシミュレーション、試乗予約などができます。

スバル

インプレッサとXVを見にって見ました。

営業さんにはXVの展示車を見させていただきました。

XVの後席とラゲッヂはカローラクロスより広く感じ、後席にチャイルドシートをつけても子どもを乗せやすそうでした。また、僕のシートポジションに合わせても後席の窮屈感はカローラツーリングよりは少なかったです。

営業さんの情報ではXVは「フルモデルチェンジが控えていると。フルモデルチェンジではストロングハイブリッドを搭載するようで金額がフォレスター並みになると言われ早めに注文した方が良い」と言われました。

営業さんはXVの方が車高が高く子育てがしやすいとおすすめをしていただけましたが、XVのデザインがあまり好きになれなかったです。インプレッサは子育てということを伝えたためかあまり積極的に販売する気はなさそうでもあり、候補から外しました。

見積もりはXVno1.6Lエンジンモデルでこれも330万円くらいでした。

SUBARU XV | SUBARU
SUBARU XVの車種情報。あなたの価値観やセンスも表現できる、唯一無二のデザイン。好奇心と想像力に全力で向き合える、本物の性能。毎日を変えるきっかけと、どんなことでも出来る確信をくれるクルマ、SUBARU XVの魅力をご紹介します。
インプレッサ スポーツ | SUBARU
基本の性能を磨き上げ、電動技術「e-BOXER」搭載グレードを追加したインプレッサ SPORTの魅力をご紹介します。デザインや走行性能、安全性能、グレードやスペック、価格をご覧いただけます。

マツダ

CX-5とCX-30を見に行きました。

営業さんがCX-5を乗っているようで「子育てをするならCX-5の方が後席もラゲッヂも広いから使い勝手がいいですよ!」とおすすめされました。

CX-30はデザインが優先されているため後部座席とラゲッジがCX-5より小さくなるようで使い勝手は落ちるようです。

カローラやXVとは車格が一つあがるので当たり前ですが、展示車を見せていただくとCX-5の方が実際に広く使い勝手が良そうでした。

見積もりを取ると330万円でムーブキャンバスの買取価格がよく予算内に収まりそうでした。

試乗もさせて頂き想像より大きさを感じることなく運転しやすく、2Lガソリンエンジンで十分となりました。

営業さんは同じCX-5を所有していて子育てしている方で人柄もよく、CX-5自体も広くて運転しやすい車で予算内に収まるのでCX-5に決定しました。

MAZDA CX-5|クロスオーバー SUV|マツダ
クリーンなディーゼルの力強さをはじめとした個性豊かなエンジンにより、これまで以上に深い「走る歓び」を乗る人すべてにお届けするクロスオーバーSUV「マツダ CX-5」。
MAZDA CX-30|新世代クロスオーバー SUV|マツダ
新世代クロスオーバー SUV「CX-30」の車種情報。CX-30の特長をはじめ、グレードや価格情報、CX-30に込めたマツダのこだわりなどを、ご覧いただけます。

おわりに

今回はトヨタカローラ、スバルXV、マツダCX-5の中から車を検討してマツダCX-5を選びました。

先に挙げていた条件を全てクリアしていることもあり決定することができました。

  • 2台(ジムニーとムーブキャンバス)を売却して買える。ローンはしない。
  • 子育てに使いやすい
  • 長い期間乗れる
  • 維持がしやすい
  • ミニバンはなし
  • できたら子供が生まれるまでに納車されるといい

ローンなしで購入可能で、子育てに使いやすい広さがあり、国産車で維持はしやすく、デザインも気に入りました。

また、納期もなんとか子供が生まれる前に納車されそうです。

今後納車まで楽しみに待つことにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました