CanonKissMで初めての星空撮影をしてきました【標準レンズ、茶臼山高原道路、2022年2月】

カメラ
スポンサーリンク

以前から行ってみたいと思っていた星空撮影をしてきました。

比較的近く星空撮影スポットが茶臼山高原になるのでこちらにいくことにしました。

当たり前ですが夜にしか星空は見えないので普段は家で休んで眠っている時間に車を走らせていくのが大変でしたが、茶臼山高原道路の面ノ木園地に到着して空を見上げるとたくさんの星が輝いて見えました。

ミラーレスカメラで撮った写真は思っていたよりも綺麗に撮れたのでぜひみていってください。

行った場所

茶臼山高原道路

  • 面ノ木第一園地
  • 面ノ木園地

使った機材

カメラ:CanonKissM

レンズ:EF-M15-45 IS STM

三脚:マロンフットElement

Canon EOS Kiss Mの紹介【1ヶ月使ってみた感想】

自宅から面ノ木園地まで

用事を済ませてから出かけたので8時ごろの出発になりました。

まずはどんぐりの里稲武を休憩地点として目指しました。

豊田市の市街地から山間部に差し掛かると一気に気温が下がり暗くなったのでジムニーのハイビームも使いながら進むようにしました。

LEDヘッドライトの色温度が白めで、段差がわかりづらいのでフォグランプもつけると段差が見えやすくなり走りやすくなり安心して進むことができました。

どんぐりの里稲武に到着したのが9時過ぎでした。

空を見上げるとここでも星は普段住んでいる場所と比べたらかなりの星が見えて「星が見える!」と嬉しくなりました。

iPhoneで写真を撮ってみましたが駐車場の明かりでノイズが入ってしまって分かりづらいですね。

休憩を終えてから茶臼山高原道路を目指して再びジムニーを走らせました。

県道80号から入って行きましたが標高が上がるにつれて残っている雪が凍っている状態になっていました。スタッドレスタイヤを履いていても滑りそうな感じがするくらいは凍っていました。

慎重にジムニーを操作するようにして面ノ木第一園地に到着しました。

雪がガリガリに凍っていました

面ノ木園地で星空撮影

面ノ木第一園地

到着して空を見上げるとどんぐりの里稲武より人工的な明かりが少ないのでより星がたくさん見えて綺麗でした。

普段は見ることがない綺麗な星空を見ることができて「すごいな〜」と思いしばらくは星をぼーっと星空を眺めていました。

しばらくしてから、カメラと三脚をセットして試しに「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM、ISOオート、F3.5、20.0s」で写真を撮ってみると思っていたより綺麗に星が写って感動しました。

この時はISOをオートのままにしていたのでマニュアル調整してみました。

100だとちょっと星が写るだけ

200も100とあまりかわりなし

400でノイズ少なくシャッタースピードを30秒に調節すると綺麗に写るようになりました。

星空写真だけでなくてジムニーも含めて一緒に撮影も挑戦してみました。

カメラで撮影している間に懐中電灯の光を車に少しだけ当ててみました。

するとジムニーと星空を一緒に写真を撮ることができました。

編集で光の温かみを変えると印象が変わりますね。

しばらくこちらで撮影していましたが面ノ木園地のほうに移動してみることにしました。

面ノ木園地

天狗の像が立っている駐車場ですがここは第一園地よりも真っ暗でした。

車のライトを消すと何も見えないくらい真っ暗。さらにブラックアイスバーンになっていてゆっくり歩かないとツルツルで危ない状態でした。

目が慣れてくるとこちらの方が開ている場所なのでより星空が見やすかったです。

ボケーっと星を眺めていると星が動いているのがわかるような気がして不思議な気分に浸ることができました。

ただ星空の写真を撮ってみたり、ジムニーに光を当ててみたり、天狗の像に光を当ててみたりと撮影も楽しむことができました。

唯一わかる星座であるオリオン座を写真に収めることができました。

オリオン座は「形が分かり易い、夜が明るい地域でも見える」ということから覚えています。

ここでオリオン座をみると周囲に普段は見えない星がたくさんあることがわかりました。

あまり自撮りをすることはないのですが木の影を入れるみたいに自分も影として入れるのかなと思い試しみました。

セルフタイマーで撮影していたので自分がどこに立てばうまく写るのかがわからなかったので何度か試しましたが、思っていた位置に立てなかったので難しかったです。

今、ブログを書いているときに思ったのはスマホアプリを使って撮影できる構図をみながら撮ればよかったなと思います。次はスマホアプリを使って撮ってみます。

この後は茶臼山高原の第四駐車場が開放されているのは知っていたのですが、帰りの工程を考慮すると運転が危なくなるのでまた今度行くことにしました。

この後はゆっくりと自宅までジムニーを走らせて帰りました。

終わりに

今回は茶臼山高原道路にある面ノ木第一園地、面ノ木園地で星空撮影を楽しみました。

初めて星空撮影をやってみましたが思っていたより綺麗に写真を撮ることができて満足できました。

写真を撮るだけでなく普段は見ることができない満点の星空をぼーっと眺められることで心が安いらいだ気分です。

星空撮影は今後、夏の天の川に挑戦してみたいと思いました。

冬の茶臼山まで日の出を見にジムニーで雪道ドライブ【天狗棚、面ノ木第一園地】

参考にしたサイト

また、星空撮影に関して参考にしたサイトは以下の通りです。

一つ目のリンクは基本的な星空撮影の方法がまとめられています。

二つ目のリンクの車に光を当てる方法が今回は役に立ちました。これ以外にも車の撮影方法がまとめられているので車の写真をカッコ良く撮りたい人にはおすすめです。

【保存版】星空を綺麗に撮る方法、撮影完全マニュアル!初級編
デジタルカメラの性能が年々進化してほとんどの被写体はオートでシャッターを切るだけでなんとなく撮れてしまうようになりましたが、それでも撮るのが難しいのは星空です。でも、星空の撮影も少しのコツを掴めばすぐ
GAZOO写真教室 23限目 星の軌跡をバックに愛車を撮ろう
星の軌跡の写真だけでもキレイですが、今回は、愛車と星を一緒に撮影する方法をお届けします。カメラの設定の他に、画像編集ソフトのレタッチの様子など、ノイズをおさえた美しい画像の作り方を説明します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました