作業に基づいた実践:不可欠な要素【作業療法・OBP】

カナダモデル
スポンサーリンク

作業に基づいた実践(Occupation-Based Practice)を行うために必要な要素が「続・作業の視点 第8章」に書かれています。重要だと思う要素を抜き出しまとめました。

作業に基づいた実践に必要な要素は5つです

  1. 「作業的挑戦」
  2. 「作業の可能化の必要性」
  3. 「クライエント中心の可能化」
  4. 「多専門的知識基盤」
  5. 「リーズニングプロセス」

この5つの要素をまとめると以下の通りです。

作業に根ざした実践を行うためには、クライエントと共に作業的問題に挑戦し、作業遂行を幅広視点で捉えて、様々な知識を用いて、クライエント作業遂行に変化をもたらす解決方法をいくつも持っており、柔軟に考えるリーズニングが必要です。

実践に不可欠な5つの要素:作業療法の特徴

1.作業的挑戦

人間は作業に対する基本的なニーズを持っているという前提。

作業の不足、結びつき減少が起きている状態。

作業上の問題がありそれに対してクライエントと挑んでいくこと。

2.作業の可能化の必要性:作業を可能にする解決法の可能性

クライエント特有の目標、挑戦、解決法を実現するための、作業療法士が個人と社会に変化をもたらすためのアプローチ。

意味の変容、人・作業・環境の変化を可能にする。作業パターンに変える。社会レベルで変化をもたらす(作業的構成の可能化)こと

3.クライエント特有の目標、挑戦、解決法、そしてクライエント中心の可能化

作業は独特であり、興味、価値観、文脈がある。クライエントの固有の目的方法を作業的挑戦、作業機能障害に結びつける。

4.多専門的知識基盤

作業療法士が作業を理解するためには人、作業、環境の相互作用を理解することが必要である。

医学、哲学、作業科学、看護学、文化人類学、社会学などの多専門的な知識が必要。

作業に基づいた実践には高い洞察力が必要。

5.複雑さに対処するリーズニングプロセス(アブダクティブリーズニング)

幅広い視点で作業を捉えて、柔軟にものごとを考えることが必要。

様々なリーズニングを組み合わせて評価治療をしていく。

実施していく上では

クライエントと作業遂行上の問題点を明らかにする。

作業療法士として作業遂行上の問題を解決するために「人・作業・環境」に対してアプローチを行う。

アプローチをする時には

  • クライエント独自の興味・文化・価値観
  • 作業療法はもちろんそれ以外の分野の医学、解剖学、社会学などの様々知識

を幅広い視点でリーズニングしていく。

まとめ

作業に基づいた実践(Occupation-Based Practice)を行うために必要な要素が「続・作業の視点 第8章」に書かれています。重要だと思う要素を抜き出しまとめました。

作業に基づいた実践に必要な要素は5つです

  1. 「作業的挑戦」
  2. 「作業の可能化の必要性」
  3. 「クライエント中心の可能化」
  4. 「多専門的知識基盤」
  5. 「リーズニングプロセス」

この5つの要素をまとめると以下の通りです。

作業に根ざした実践を行うためには、クライエントと共に作業的問題に挑戦し、作業遂行を幅広視点で捉えて、様々な知識を用いて、クライエント作業遂行に変化をもたらす解決方法をいくつも持っており、柔軟に考えるリーズニングが必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました