コペン GRSPORTに乗りました【オープンカー、ダイハツ、トヨタ】

スポンサーリンク

親がコペン GRSPORTを購入して納車されました。

「ドライブしてきていいよ」と言われたので休日を利用して、100kmほど「バイパス3:海岸沿いのワインディング4:街乗り3」程度の割り合いで走りました。

12月の冬の時期でしたが8割ほどオープン状態で走りました。

その時感じたことをまとめました。

一番よかった点としては「コペン にはオープンカーとして風を感じて走るのが楽しい!」ということです。

エクステリア・インテリア

エクステリア

コペン 以外の車種にも設定されているGRSPORTと同じで、四角いフロントグリル、四角いフォグガーニッシュで一眼でGRSPORTであることがわかるようになっています。

インテリア

コペン GRSPORTのよかったところ・いまいちだったこところ

よかったところといまいちだったところの一覧は以下の通りです。

良かったところ

  • オープンにした時の開放感
    この時期(12月)にオープンにしてもシートヒーター、足元暖房で暖かい
  • 乗り心地がいい、ちょっとした段差はいなしてくれる感じ
  • マフラー音が適度に響いてくれる

いまいちだったところ

  • シートポジションの自由度が低い
  • オープンで日射しが強いとナビが見えない

よかったところ

オープンにした時の開放感この時期(12月)にオープンにしてもシートヒーター、足元暖房で暖かい

電動でオープンになります。

クローズは屋根が近くて狭く感じます、オープンにすると屋根がなくなるため圧迫感がなくなり、太陽の光が差し込むため、開放感を感じます。

12月でもシートヒータ、足下に暖房を出すことで足と背中が暖かくなり、顔は冬の風を浴びて気持ちがいいです。

よく露天風呂に入っている感じと表現されますがその感覚にちかいなと思います。

風に乗ってくるさまざまな匂いや音を感じることで自然も感じることができます。

乗り心地がいい

純正コペン と先代コペン のビルシュタインショックが入っているグレードに乗ったことがあります。

それらと比べると路面の段差や凸凹などでガタガタすることはなく、しなやかに振動を吸収してくれます。

ワインディングでは適度にロールをしてくれるため加重移動している感覚がわかりやすく、狙ったラインで走ることができます。

バイパスでは速度がある程度が出ていても安定しているため不安感なく走ることができるため疲労感は少ないです。

専用補強と専用の足回りが効いていると思います。

マフラー音

純正のマフラーが付いていますが思っていたより運転席に音が響いてきます。

低回転では低音が響いてきます。高回転まで回す機会はなかったため、また機会があれば効いてみたいと思います。

クローズでも心地いいマフラーサウンドが入ってきます。

オープンにするとよりマフラーサウンドを聞きやすくなります。

今回乗ったのがCVT車のため、MT車だとギアの選択によってよりマフラーサウンドを楽しみながら走ることができます。

いまいちだったところ

シートポジションの自由度が低い

これはオープンカーなので室内空間が狭いため、仕方がない部分です。

シートスライドの量やリクライニング量は少なめです。

ステアリングは上下には動きますが、手前と奥には動かないです。

オープンで日射しが強いとナビが見えない

これもオープンカーなので仕方がないです。

屋根がなくなると日差しが必ず入ってくるのでどうしようもありません。

一応対策品としてナビバイザーを使うと良いと思います。

冬の時期にオープンにするときのおすすめ用品

コペン をオープンにすると「頭、腕、太腿」あたりに風が当たります。

防寒対策としては

  • 事前に準備するものとしては「ニット帽や帽子をかぶる」「ダウンコートなどコートを着る」「ドライビンググローブをつける」
  • 車でできることは「シートヒーター、暖房を入れる」

これらを行うことで快適に冬のオープンカーを楽しむことができます。

また、頭に風があたる時にはサンバイザーを上にあげると頭に当たる風が減ります。

乗ったコペン のグレード、スペック

2019年12月現在で販売されているコペン の4つのデザインと2つのグレードに分かれています。

通常グレードはお求めやすい値段、Sはビルシュタインショック・レカロシートなど走りに特化した使用、GRSPORTは追加補強・KYB製ショックなどを採用してどこでも気持ちよく走れる使用になっています。

ダイハツ店ではすべてのデザイン・グレードを購入することができますが、トヨタ系列のディーラーではGRSPORTのみ購入できるようになっています。

詳しくはダイハツ、トヨタの公式ホームページを参考にしてください。

RobeXPLAYCeroGRSPORT
Robe SXPLAY SCero S

グレード:GR SPORT

トランスミッション:7速スーパーアクティブシフト付CVT車

値段:2,380,000円消費税抜き2,163,636)

GR SPORT専用装備

  • レカロシート:スエード調、GRロゴ付き
  • モモステアリング:パドルシフト、GRロゴ付き
  • 専用メーター:GRロゴ付き
  • センタークラスターピアノブラック
  • BBS鍛造ホイール:マットグレイ
  • カードキー:GRロゴ付き
  • 専用エアロ:前後バンパー
  • GRガーニッシュ:フロントバックサイド
  • 追加補強
  • フォグランプ:LED
  • ヘッドライト:LED、ブラックエクステンション加工

スペック

軽自動車規格で作成されています。

エンジン:658CC、3気筒DOHCターボ、最高出力47kW(64PS)/6400rpm、最大トルク92N・m(9.4kg・m)/3200rpm

駆動方式:2WD(FF)

乗車定員:2人

燃費(WLTCモード):19.2 km/L

コペン|トップページ【ダイハツ】
あなたの翼を広げるオープンスポーツカー ダイハツ コペン公式サイトです。製品の詳細情報をはじめ、オンライン見積や店舗検索、試乗予約もこちらから。
トヨタ コペン GR SPORT | トヨタ自動車WEBサイト
トヨタ コペン の公式サイト。機能・装備、スペース・収納、専用装備、走行性能、安全性能などの紹介をはじめ、見積りシミュレーション、試乗予約などができます。

まとめ

親がコペン GRSPORTを購入して納車されました。

「ドライブしてきていいよ」と言われたので休日を利用して、100kmほど「バイパス3:海岸沿いのワインディング4:街乗り3」程度の割り合いで走りました。

12月の冬の時期でしたが8割ほどオープン状態で走りました。

一番よかった点としては「コペン にはオープンカーとして風を感じて走るのが楽しい!」ということです。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました