WordPress5.4.1にアップデートして起きた不具合に対処した経験【パーマリンクの設定】

ブログ
スポンサーリンク

2020年4月30日にWordPress5.4.1にアップデートされました。

この時に投稿したページをクリックしてもアーカイブページに接続されてしまい、投稿ページにアクセスができなくなってしました。

WordPress5.4.1よりパーマリンク設定が「年月日秒」になっていると投稿ページが表示できなくなったようです。

僕が行った対処方法は以下の通りです。

  1. 投稿ページがアクセスできないことに気が付く(5月初旬ごろ)
  2. 調べるとパーマリンクが「年月日秒」になっているとエラーになりページがカテゴリーになり表示されない
  3. いったんWordPress「5.4」にダウングレード
  4. パーマリンクを「カテゴリー記事名」に修正
  5. リダレクト処理
  6. 問題なく表示されるように

「ダウングレード」は応急処置的な対処です。

「パーマリンクの設定を直す」「リダイレクト処理」は根本的な問題の解決方法です。

パーマリンクの設定を直してWordPress5.4.1以降も問題なく投稿ページがアクセスできるようにしましょう。

投稿ページがアクセスできないことに気が付く

WordPress5.4.1は2020年4月30日にリリースされました。

特に気にもせずにアップデートを行いました。

その後に新しく書いた記事がアクセスできるか確かめると、アーカイブ(archives)ページにアクセスしてしまい投稿した記事を見ることができなくなっていました。

このことに気がついたのが5月初旬くらいです。

投稿ページを見ようとするとこのように「Archives」ページにアクセスしてしまい、ページが見れない
  1. 投稿ページをクリックする。
  2. archivesページにアクセスしてしまう。
  3. 投稿ページにアクセスできない=投稿ページが表示されない。

この問題に対処するために調べてみると

調べるとパーマリンクが「年月日秒」になっているとエラーが出るようになっていました。

調べるとパーマリンクの設定が「年月日秒(takew2211.com/2020/5/19/10)」になっていると投稿ページにアクセスができないという問題が起きていました。

年月日秒というパーマリンクはセキュリティ面での脆弱性があるため今後WordPressで使用できなくなる流れもあるようです。

https://ja.wordpress.org/support/topic/wordpress-5-4-1-からの障害について/

パーマリンクとは

この僕が運営しているサイトだと例えば以下のようになります。

「takew2211.com/?p12

マーカーの引かれている「?p12」の部分のことです。

パーマリンクは投稿ページを区別するための文字列(電話番号や住所のようなもの)です。

いったんWordPress「5.4」にダウングレード

一時的な対処方法としてWordPress5.4.1からWordPress5.4にダウングレードを行いました。

WordPress5.4はパーマリンクの設定が「年月日秒」でも投稿ページにアクセスができるためです。

ダウングレードは以下のリンクを参考にして行いました。

FTPソフト不要。WordPressを簡単にダウングレードするプラグイン「WP Downgrade Specific Core Version」
WordPressを活用している方は、避けては通れないWPのアップデートや、ダウングレード。スマホが普及している今の時代では、アップデート等は馴染み深いワードにもなっているでしょう。

プラグインである「WP Downgrade Specific Core Version」を使うことで簡単に行えました。

ですが、この方法は一時的な対処方法のため根本的な問題であるパーマリンクの設定を変えていく必要があります。

僕は投稿ページ数が2020年5月初旬現在で「140」程度だったのでパーマリンクを修正するkとを選びました。

パーマリンクの設定を修正してリダイレクト処理をする

パーマリンクの変更をする際に注意をしないといけない部分があります。

  • パーマリンクを変更する→住所・電話番号が変わるようなもの→違うページと認識されてしまい検索順位が下がってしまう

これを防ぐためにはリダイレクト処理が必要になります。

リダイレクトをすることによって、

  • 以前のパーマリンクにアクセス→現在のパーマリンクに案内→投稿ページが表示される→検索順位が下がりづらい

このため、パーマリンクの変更とリダイレクト処理はセットで行う必要があります。

僕はこの方法を以下のページを参考に行いました。

  1. 年月日秒パーマリンクをエクスポート
  2. パーマリンクの設定をカスタムに(カテゴリー/投稿名)
  3. 手作業で投稿済みのページのパーマリンクを修正する
  4. カテゴリー/投稿名パーマリンクをエクスポート
  5. 表計算ソフト上で紐付け
  6. リダイレクト処理プラグインにパーマリンクを紐付けしたデータをアップロード
  7. リダイレクト処理が行えているか確認
【WordPress】公開後にパーマリンクを変更しリダイレクトする方法!
パーマリンクの変更は運用前に行い運用中は変えないのがベスト。でも、変更せざるを得ない状況はあるかもしれません。そんな時はプラグインを駆使し、手間なく、確実に転送設定をすることで、影響を最小限に留めるこ

再びWordPress5.4.1にアップデート

リダイレクト処理がおこなるようになったら、ダウングレードに使用したプラグイン「WP Downgrade Specific Core Version」を停止しました。

その後、ダッシュボードの更新からWordPress5.4.1にアップデートをしました。

パーマリンク の設定が変わったことによって無事に投稿ページが表示されるようになりました。

まとめ

今回はWordPress5.4.1で起きた問題点について対処した方法を紹介しました。

投稿したページをクリックしてもアーカイブページに接続されてしまい、投稿ページにアクセスができなくなってしました。

WordPress5.4.1よりパーマリンク設定が「年月日秒」になっていると投稿ページが表示できなくなったようです。

僕が行った対処方法は以下の通りです。

  1. 投稿ページがアクセスできないことに気が付く(5月初旬ごろ)
  2. 調べるとパーマリンクが「年月日秒」になっているとエラーになりページがカテゴリーになり表示されない
  3. いったんWordPress「5.4」にダウングレード
  4. パーマリンクを「カテゴリー記事名」に修正
  5. リダレクト処理
  6. 問題なく表示されるように

「ダウングレード」は応急処置的な対処です。

「パーマリンクの設定を直す」「リダイレクト処理」は根本的な問題の解決方法です。

パーマリンクの設定を直してWordPress5.4.1以降も問題なく投稿ページがアクセスできるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました